POLICY

日本語はほとんど息を使わない言語であるため、私たち日本人は喉(のど)の筋肉、すなわち声帯だけを使って声をコントロールしています。日本人の声が小さくて、通らず、こもりがちで響かない理由はここにあるのです。

The Art of Singing,New York のレッスンは、歌手を目指す方だけではなく、話す声に悩みをお持ちの方にも受講して頂けます。

 

「美しく響く声」を持つためには、声の仕組みを正しく理解し、“自分の声” を知る必要があります。声の仕組みを理解した上で “自分の声”を知れば、自分の声をどうやって訓練すれば「美しく響く声」になるのかがわかるのです。

The Art of Singing,New York では、マネス音楽院(ニューヨーク)元 声楽科教授ロイス・ウィンター氏の提唱する「ウィンター発声法」に基づいた指導を行っております。

「ウィンター発声法」とは、いわゆるクラシックの発声法なのですが、これはクラシック 歌手を目指すためだけの訓練ではなく、あくまでも「声の基本」を学ぶことを第1の目的としていますので、歌手を目指す人たちはもちろん、響きのある声を持 ちたいと思っている方にとって大切なメソッドがたくさん組み込まれています。

 

歌手を目指す方は、声に対する理解を深め、音楽の基本を勉強することで自分の音楽の幅を広げて欲しいと思います。

たとえ専門はジャズであっても、ミュージカルやクラシックも歌うことで、自身の音楽性を深め聴く人に感動を与えられる本当の意味で「歌える歌手」を目指して下さい。

 

The Art of Singing,New York ではいかなるジャンルの音楽でも自在に歌える歌手を育てること、そして、自分の声の魅力を最大限に引き出し、声の表現力を豊かにすることを第1の指導方針としております。

The Art of Singing,New York